東京の魅力

立ち並ぶ高層ビル

東京都は東西に細長い形状をしており、奥多摩を中心とした西部地域は豊かな自然に恵まれた地域となっています。
一方、東部の都区部はそのほとんどの地域が都市化されています。
しかしそんな23区内でも、貴重な自然に触れ合うことのできる場所が残されています。
その代表的な地区が、世田谷区の等々力です。
この地区には23区内で唯一の渓谷、等々力渓谷があります。
鉄道の駅からも近く、周囲は住宅街なのですが、川辺に降りればそこはまったくの別天地です。
うっそうとした森林の中に静かにせせらぎの音が響き、都会の中にいることを忘れさせるような風景が広がっています。
地域全体が鳥獣保護区に指定されているので、多くの野鳥のさえずりを聞くこともできます。

東京都世田谷区が現在の区域に定まったのは比較的新しい1930年代のことで、それまでは旧東京市には含まれていませんでした。
そんな事情からこの周辺一帯は都市化の波がやって来たのが比較的遅く、結果的に貴重な自然が残されることになったのです。
しかし交通網の発達や東京都心部の過密化などから状況は徐々に変化し、特に1980年代以降は宅地化の進行と人口増加が目立つようになり、現在は23区内最大の人口を有するに至っています。
それでも2000年代に入っても緑被率は30パーセント台と、高い数値を維持しています。
特に西部の大蔵や喜多見などの地区にはまだ農地も多く残っています。
また砧公園や馬事公苑の中には広大な樹林が保存され、自然散策を楽しむ人で賑わっています。

Copyright(c) 東京都内で、女性に人気のヨガスクールを探しましょう。 All Rights Reserved.