基本知識について

繁華街の夜景

東京と言えば世界的に有名な都市ですが、どちらかと言えば自然が多くて有名というよりもビルや交通機関が発展していて有名というイメージを持っている人のほうが多いのではないでしょうか。
ですが、東京には自然と共存してきたという一面があることを知っている人は少ないのです。
東京も中心部を離れると今でもたくさんの自然が残っています。
特に西の方は地形的にも山が多く、川もきれいで多くの自然が残されています。
また、中心部にもお城の跡地では随分と自然が残されています。
これは、もともと水と緑を大切にしてきたという歴史があるからです。
一時は公害などで自然を失う一方でしたが、最近は自然とのかかわり方も見直されて、多くの自然を残そうという動きが活発です。

東京の特徴は何と言っても人口が多いことです。
眠らない街東京と言われているほど夜中でも人の往来は絶えません。
その一方で、少し郊外に行くだけで眠らない街どころか、夜中にもなると街の明かりが消えて静まり返っているのです。
人口が中心部に集中したことで、土地の値段も上がっています。
たとえば、車を1台購入したときにその駐車料金を見るとその額の違いは顕著です。
郊外で駐車場を借りると毎月1万円もかからにないのに、都心部で駐車場を借りるとその3倍以上はします。
通勤でもあと30分余分に電車に乗るところに住めば、都心部の半額以下で不動産を購入できることも多いため、わざわざ1時間半かけて郊外から通勤する人も増えています。
このように東京と言っても2つの違う顔があるのです。

Copyright(c) 東京都内で、女性に人気のヨガスクールを探しましょう。 All Rights Reserved.